ロッテ・福田秀 「由伸キラー」健在 マルチ安打&2盗塁 井口監督「実力通り」 

[ 2020年3月4日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―6オリックス ( 2020年3月3日    京セラD )

<オ・ロ>初回無死一塁、二盗を決める福田秀(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 新天地でも「由伸キラー」は健在だ!ソフトバンクからロッテにFA移籍した福田秀がオリックス戦に「1番・中堅」で出場。昨季最優秀防御率に輝いた山本から2安打を放ち「球界を代表する投手。自分の中ではワクワクしながら対戦している」と笑顔で語った。

 初回は1ボール2ストライクと追い込まれながらも117キロカーブを右前へ。続く角中の初球に二盗を決め、マーティンの左翼線に落ちる安打で先制のホームを踏んだ。3回も右前打を放ち二盗に成功。「1球目から遅れないようにしている。いいスタートが切れた」と手応えをにじませた。1日の楽天戦ではけん制球でタッチアウトになったが「自分の中ではけん制死も盗塁死も一緒。勝負するときは仕方ない」と史上2位となる31連続盗塁成功の実績を誇る男らしい持論も口にした。

 昨季も山本に対して2打数2安打1本塁打。盗塁も過去2年間で2度試みて成功率100%だ。井口監督も「実力通り。それを分かって獲得している」と納得顔。頼もしいリードオフマンが加わった。 (横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース