MLBもコロナ対策に本腰 Bジェイズ・山口「人が集まる場所に行かない」

[ 2020年3月4日 02:30 ]

ノックマシンで発射された特殊なボールをキャッチする筒香(中央)(撮影・奥田 秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 世界的流行を見せている新型コロナウイルスに関して、MLBも本格的に動きだした。

 キャンプ地のフロリダ州で感染例が出たことを受け、筒香が所属するレイズは2日の練習前に緊急ミーティング。選手らに手洗いの推奨、ハイタッチ、握手の自粛が要請され、筒香は「僕の知り合いはかかっていないですけど、知り合いに限らず日本が心配です」と話した。練習への影響はなく、フリー打撃や守備練習などで調整した。

 同州ダンイーデンでキャンプを張るブルージェイズの山口は「人が集まる場所に行かないようにする。当たり前のこと(予防策)をする」と語った。

 韓国出身の左腕・金広鉉(キム・グアンヒョン)が所属するカージナルスでは同国のメディアとファンに対して予防を呼びかけた。(ポートシャーロット・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース