原監督 先制2ランの大城を評価「打つべくして打った」

[ 2020年3月4日 23:10 ]

オープン戦   日本ハム―巨人 ( 2020年3月4日    札幌D )

<日・巨>2回2死二塁、大城先制2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・原辰徳監督(61)が、2回に先制2ランを放った大城を評価した。バーヘイゲンの151キロツーシームをバックスクリーンに運ぶ姿に、「久しぶりにね。練習でも非常によくなってきつつある。打つべくして打ったというところだと思います。形が良くなってきたと思います。打撃の形がね。練習の時から」と振り返った。

 また先発の田口は5回4安打2失点。昨季は主に中継ぎとして55試合に起用した指揮官。今季も「オールラウンダー」と形容してきたが、初めて「スターター(先発)として非常に高い位置にいてくれている」と言及した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース