ロッテ佐々木朗希、ブルペンで33球「感覚を取り戻せた」

[ 2020年3月4日 12:50 ]

ブルペン投球を行うロッテのドラフト1位・佐々木朗
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が4日、さいたま市浦和球場で6日ぶりのブルペン投球を行った。立った捕手相手に33球を投げ込んだ。

 佐々木朗は2月27日にプロ入り後初めて正規の距離で座った捕手へ投球練習を行った後、3月1日に大船渡の卒業式に出席。3日から2軍に合流した。「投げてるうちにだんだん調子が上がってきて、最後の方は少しずつですけど感覚を取り戻せた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース