マー君、3回無安打無失点 最速151キロ 今季OP戦2度目の登板「すごく手応えがあった」

[ 2020年3月4日 08:32 ]

ヤンキースの田中
Photo By スポニチ

 ヤンキースの田中将大投手(31)が3日(日本時間4日)、米フロリダ州タンパのキャンプ地でのレッドソックス戦でオープン戦2度目の登板。3回で40球(28球がストライク)を投げ、無安打、無失点と好投した。許した走者は失策の一人だけで、球場のスピードガンでは最速94マイル(約151キロ)を記録した速球などで5三振を奪った。

 試合後、田中は「今日の投球は前回登板よりもすべての球種でしっかりと制球できていましたし、軌道とかそういうところも良かったと思う」と明るい表情。投球フォームの修正、カッターの向上といった課題も順調に進んでいるようで、「すごく手応えがあった登板になりました」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース