DeNA大貫「悔しい」 2回2/3で4失点 ラミレス監督も厳しい表情

[ 2020年3月4日 14:32 ]

オープン戦   楽天9―2DeNA ( 2020年3月4日    静岡 )

<オープン戦 楽・D>力投するDeNA・大貫(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 DeNAの大貫晋一投手が6回から2番手で登板。今季初の1軍舞台は2回2/3を投げ2安打4失点だった。

 制球が定まらずに4四死球を与え、59球を要した。キャンプは2軍で過ごし、巡ってきたマウンドでアピールすることができず「全体的に良くなかったが、特にカーブの制球が凄く悪かった。せっかくいただいたアピールのチャンスに良い結果が出せず悔しい」と肩を落とした。

 ラミレス監督も「もう少しできるという期待を持っていた」と厳しい表情を浮かべ、開幕ローテーション争いについては「今日の登板で一歩、後退してしまった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース