ドラフト候補のサブマリン、立大・中川 好スタート3回零封「いい結果が出た」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

<立大・東京国際大>東京国際大戦で先発し、無失点の好投を見せた立大・中川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト候補、立大の中川颯(はやて)投手(3年)が20日、東京国際大とのオープン戦で今季初登板。先発で3回1安打無失点、4三振を奪う好スタートを切った。

 「やるからには完璧を目指したい。今日はストレートでの空振りと緩急。どちらもいい結果が出たと思います」。桐光学園(神奈川)出身で1メートル84の大型アンダースロー。直球にスライダー、カーブを織り交ぜ、左打者を7人並べた東京国際大打線を翻弄(ほんろう)した。エースの田中誠也(大阪ガス)が抜け「日頃の生活も含め、責任感を持って行動している」とチームの先頭に立ち、プロ入りを目指し「上位というより1位で行けるくらいの結果を残したい」。抑えから先発に転向。リーグ戦は通算8勝で「(春秋で10勝し)最低18勝して卒業したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース