ソフトバンク、ファンサービス当面自粛を発表 新型コロナ対策

[ 2020年2月21日 05:30 ]

 ソフトバンクは20日、新型コロナウイルス感染予防対策として選手によるファンサービス(サイン、ハイタッチ、握手、写真撮影、プレゼント受け渡しなど)を当面の間自粛すると発表した。ナインには練習前に通達された。

 毎週末に行ってきたサイン入りボールのスタンド投げ入れも自粛する。また7回や勝利時に行ってきた「ジェット風船」の演出も自粛するため、販売を当面の間は取りやめる。今後については感染者の発生状況を注視しつつ、国や自治体と連携し対応を実施していく予定としている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース