DeNAドラ1森 プロ初盗塁 ラミレス監督「今日もよかった」

[ 2020年2月21日 14:50 ]

2軍練習試合<D・中>初回、石川のとき一走・森が二盗を決める(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・森敬斗内野手が21日、中日2軍との練習試合(宜野湾)でプロ初盗塁を決めた。

 「1番・遊撃」で先発出場。初回、いきなり中日先発・伊藤準の初球141キロを左前に運ぶと、石川の3球目にスタートを切り、二盗を決めた。3回の第2打席は遊飛、5回の第3打席は投ゴロだった。

 森はこれで実戦5試合で11打数5安打、打率・455となった。

 視察したラミレス監督は「今日もよかった。特に直球への対応が凄くいい。スピードもかなりいいものを持っていて、いいリードなので盗塁を決められる」とはつらつとプレーするルーキーに目を細めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース