阪神の新外国人・サンズ 対外試合3試合目で初安打 冷静に逆方向へ「自分のスイング」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

練習試合(特別ルール)   阪神9―1楽天 ( 2020年2月20日    宜野座 )

<神・楽>3回裏2死、右前打を放つサンズ。投手石橋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の新外国人・サンズも待望の初安打を放った。3回2死、カウント2―2から昨季8勝を挙げた石橋のスライダーを逆方向に運んで右前打。ボーアより1打席早い通算6打席目で結果を出した。

 「いい1日。いい内容だった」

 対外試合は3度目。初回も中飛に倒れていただけに気合が入っていた。しかも振り回すことなく、持ち前のミート力を発揮した。
 巨人・中里篤史スコアラーは「泳ぎながらでも運んだ。対応力がありますね」と昨年の韓国リーグ打点王の存在を警戒。矢野監督も「追い込まれてから、あっちに打てるのは相手にとって嫌な打撃だよ」と手応えを感じていた。

 「外の球を追いかけると、相手の思うツボだからね。しっかりと絞って、自分のスイングをしていく。まだ時間もあるし、配球も研究していかないと」

 主力に左打者が多いだけに、右のサンズにかかる期待は大。1本出たことで、さらにギアは上がるはずだ。(鈴木 光)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース