マリナーズ・菊池 新カーブ好感触の27球「取り組んできたことは出せた」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

打撃投手を務めるマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズの菊池は味方打者相手の登板で27球を投げ、今季から新たに取り入れる速いカーブを試した。スライダーとの見分けを難しくするのが狙い。若手の右打者に両球種を投げ「どちらもストライクだったのに振ってこなかった。相手が(一瞬)止まるというか、手を出さなかった」と満足そうだった。

 精度向上を目指しているチェンジアップではバットの芯を外し「取り組んできたことは出せたと思う」と好感触を口にした。 (ピオリア)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース