中日・吉見 復活ローテへ休日返上トレ 新フォーム確認

[ 2020年2月21日 05:30 ]

自主トレを終え、テレビ局の取材を受ける中日・吉見
Photo By スポニチ

 中日・吉見が休日返上し、北谷球場で投球練習に努めた。オープン戦初戦の22日の阪神戦(北谷)に中継ぎで2回程度を予定。今春初実戦へ向けて「自分を披露する場。使いたいと思ってもらえるように。1つのショーが始まります」と思いを巡らせた。

 9日のシート打撃では打者8人と対戦して三ツ俣の本塁打など長打4本を含む5安打を浴び、「発見できた」と投球フォームの改造を決断した。「まだ試行錯誤の段階」という新フォームはノーワインドアップからグラブと右手で半円を描くように動かし、今春の巨人・菅野に似ているとの声もある。

 シュートをより効果的に使うためにプレートを踏む位置も三塁側から一塁側へ変更。尊敬する日本ハム・金子がかつて同じように変えた経緯を知っており、「金子さんはずっと一塁側から投げたら体は楽だよ、と言っていました。今は詳しくは言えない。いろいろ試して自分の武器にしたい」と笑った。

 昨季は5試合で1勝1敗。「自分の立場も分かっている。あと1カ月。投げても4試合。理想は1点も取られないこと」。沢村賞に輝いた経験を持つ両右腕のエキスをプラスし、復活を期す15年目の開幕を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース