登録名変更後すぐに…育成3年目のソフトB・リチャード1号 無回転で左中間へスドン

[ 2020年2月21日 05:30 ]

ソフトバンク紅白戦 ※特別ルール   白組3―0紅組 ( 2020年2月20日    アイビー )

紅白戦の3回2死、工藤監督(右)の前で左中間にソロを放つリチャード(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 3月20日のシーズン開幕は、ちょうど1カ月後。支配下登録を目指して奮闘しているソフトバンクの育成3年目の20歳、リチャードが宮崎の空に「決意の号砲」を打ち上げた。

 今季の登録名と背番号ネームを「砂川リチャード」から「リチャード」に変更すると発表した直後の紅白戦に白組の「10番・三塁」で先発出場。3回に高橋純が投じた外角直球を強振し、左中間席に今季1号を突き刺した。5回は中越え二塁打で両軍で唯一となるマルチ安打を記録。「(本塁打は)いい感触だったけどスピンがかかってなくて。無回転で思ったより飛ばなかったけど気持ち良かった。アピールできてると思う」と胸を張った。

 沖縄出身で現役の三塁手では最重量の体重112キロ。3年目で初参加となった主力組のA組キャンプでも規格外のパワーと身体能力を生かした打撃でアピールを続ける。この日は丈夫な体に育ててくれた米国人の父と日本人の母がスタンドで観戦。2人にささげる感謝の一発でもあった。

 工藤監督も「結果が出ていることが一番。結果を大事に積み上げてほしい。特に2本目が良かった」と高く評価。通算288本塁打で新加入のバレンティンからも「マイボーイ。俺の若い頃よりいいぜ」と声を掛けられるなど、周囲からも打撃力を認められている。

 当面の目標である支配下登録に向け、本当の勝負はここからだ。23日からは本格的に対外試合がスタートする。オープン戦のオリックス戦を皮切りにロッテ、西武と同一リーグとの対戦が続く。今後は主力組の出場機会が増えてくる中、少ないチャンスで変わらぬアピールが必要となる。

 疲労はあるが弱音を吐く暇はない。「結果も大事ですが思い切りやって失敗してもいいと思う。悔いを残さずやりたい」。自慢のフルスイングで支配下登録への道を切り開く。

 ☆生まれとサイズ 1999(平11)6月18日生まれ、沖縄県出身の20歳。1メートル89、112キロ。右投げ右打ち。
 ☆球歴 北中城中では野球部に所属する傍ら、3年時に中頭地区陸上競技大会の男子砲丸投げで3位に入賞した。沖縄尚学では甲子園出場なし。高校通算25本塁打。17年育成ドラフト3位でソフトバンクに入団。
 ☆兄弟プロ野球選手 兄のジョーイ・オブライエン(22)は投手で、18年に大リーグのドラフト6巡目(全体178位)でマリナーズから指名を受けた。150キロを超える速球が武器の右腕で現在1Aに所属。
 ☆本塁打王絶賛 今年1月の自主トレで西武・山川に弟子入り。2年連続本塁打王をして「しっかり当たったときのリチャードの飛距離には勝てない」と言わしめる。キャンプ初日のフリー打撃で2発の場外弾を見届けた王貞治球団会長も「飛ばすものを持っている」と絶賛。
 ☆ソーセージ好き 宮崎キャンプ中に球団広報とともに焼き肉店へ。ところが、宮崎牛を頼む前にソーセージを注文する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース