日本ハム 2軍キャンプ打ち上げ 荒木監督はルーキーを評価 清宮「いい状態」

[ 2020年2月21日 14:13 ]

日本ハム・清宮(右)
Photo By スポニチ

 日本ハムの2軍が21日、沖縄・国頭キャンプを打ち上げた。荒木2軍監督は「久しぶりに1軍が名護キャンプ。距離が近い場所で、選手が1軍を凄く意識して取り組んだ3週間だった」と総括。印象に残った選手には「ルーキー全員」を挙げた。

 新人10人全てが2軍スタート。途中でドラフト1位・河野(JFE西日本)、4位・鈴木健(JX―ENEOS)が1軍切符をつかんだが、その他の選手も「すぐに1軍の首脳陣に“いいよ”と言える選手たちで満足している」と評価した。

 昨秋に右肘手術を受けた影響で2軍でキャンプを過ごしてきた清宮は、最終日に35スイングで10本の柵越え。「特に問題なく過ごせた。体全体としていい状態です」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース