レッズ・秋山 主力相手に打撃練習で空振り3つ「合わせきれなかった」も前向き

[ 2020年2月21日 05:30 ]

カメラマンの求めに応じて写真撮影するレッズ・秋山
Photo By 共同

 レッズの秋山はキャンプ2日目で初めて投手相手の打撃練習を行った。開幕投手候補のグレイに対して6球で安打性はなく、初球から2球連続を含む空振り3つの結果に「合わせきれなかった。はっきりずれがあるのが分かった」。

 昨季11勝、通算70勝右腕の球筋に接し「内容の良しあしよりもいい投手のボールを見られたのは良かった」と前向きだった。グレイは秋山について「打席内での目つきが闘争心にあふれていて良かったしスイングも速かった。これからいい結果を残すだろう」とエールを送った。 (グッドイヤー・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月21日のニュース