広島 一岡、400万円減でサイン 減額幅抑え「納得しました。いい日になった」

[ 2019年12月11日 14:00 ]

契約交渉を終えて会見に臨む広島・一岡
Photo By スポニチ

 広島・一岡竜司投手(28)は11日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、400万円減の推定年俸7300万円でサインした。

 昨季まで2年連続で59試合登板。今季はコンディション不良に悩まされ33試合にとどまったが、自身の予想よりも減額幅が抑えられたという。

 「ここ2、3年の評価をしていただいた提示なので納得しました。来季への思いが強くなった、いい日になりました」

 現在は、コンディション不良も完治して「絶好調です」と笑顔。「1年間投げられればそれでいい」と来季のフル回転を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース