レッドソックス、菊池涼に強い興味 シール代理人「積極的に売り込んでいく」

[ 2019年12月11日 07:35 ]

広島・菊池
Photo By スポニチ

 レッドソックスが、菊池涼介内野手(29)に強い興味を示していることが分かった。内野を中心にユーティリティーとして活躍したホルトがFAに。メジャー関係者は「レ軍は内野のユーティリティーが補強ポイント。打撃でも左翼まで距離の短いフェンウェイ・パークはフィットする」と指摘した。

 今オフは二塁手のFAが多いが、レ軍が着目したのはユーティリティー性。近年では二塁での出場が続くが12年には三塁で1試合と遊撃で9試合、13年には遊撃で11試合の出場経験がある。器用なため、どの守備位置もこなせると評価している。過去に松坂、上原ら多くの日本選手が在籍し、同関係者は「受け入れ態勢も整っている」とした。

 ウインターミーティング会場に姿を見せたマイク・シール代理人は「既に複数の球団が興味を示している。本格的な交渉はこれからになるが、守備の良い内野手を探しているチームは多い」と現状を説明した。交渉期限は来年1月2日(日本時間3日)。「積極的に売り込んでいく」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース