中日ドラ4郡司“卒業旅行” 慶大が台湾遠征へ出発

[ 2019年12月11日 05:30 ]

明治神宮への参拝を終えた慶大の大久保秀昭前監督(右端)と郡司(左から2人目)ら
Photo By スポニチ

 今秋明治神宮大会を制した慶大が10日、記念大会優勝校が派遣される台湾遠征へ出発した。今季限りで退任しJX―ENEOS監督に復帰した大久保秀昭前監督指揮の下、現地で親善試合に臨む。

 チームは17日に帰国予定だが、中日ドラフト4位の郡司は入団会見のため途中で1人帰国する強行日程。さらに現在はパワプロをテーマにした卒論の制作が佳境で「台湾にもパソコンを持っていく」と苦笑いした。練習は慶大で継続しており「体が硬いので常に柔軟をしている」とプロ入りへの準備にも余念がない。超多忙な中だが「卒業旅行と思って楽しみたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月11日のニュース