「大谷と交流権」がオークション出品 収益はALS支援団体に寄付

[ 2019年12月11日 05:30 ]

エンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷と交流できる権利が「MLBオークション」に出品され、9日(日本時間10日)時点で購入希望額が3100ドル(約33万7900円)を超えた。

 落札者と最大3人の同伴者とともにグラウンドでの打撃練習見学、大谷と記念写真やサインをもらうことができる。オークションでの収益は難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を支援する慈善団体に寄付される。締め切りは12日午後10時(同13日午前8時)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース