王氏「ずいぶん長い間、病気と闘いましたから」 早実でバッテリー、醍醐さんの訃報受け

[ 2019年12月11日 19:01 ]

 元ロッテ捕手の醍醐猛夫さんの訃報を受け、東京・早稲田実業高時代に2歳下で投手としてバッテリーを組んだソフトバンクの王貞治球団会長が10日、米ハワイ州ホノルルで取材に応じ「こればかりはしょうがないよね。ずいぶん長い間、病気と闘いましたから」と悼んだ。

 日本プロ野球名球会の総会が行われたハワイに滞在中で、メールで知らせを受けたという。高校時代に主将だった醍醐さんのミットに向けて投げ込んだ日々を懐かしみながら「プロに入っても活躍して、4打席連続本塁打も打ったりした」としのんだ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース