DeNA山崎が「夢先生」 メジャー挑戦は「優勝してからかな」

[ 2019年12月11日 05:30 ]

「夢の教室」で夢先生を務めたDeNA・山崎
Photo By スポニチ

 DeNA・山崎が神奈川県大和市内の中学校を訪れ、日本サッカー協会とプロ野球選手会が協力して実施する「JFAこころのプロジェクト 夢の教室」の夢先生を務めた。高校の社会科の教員免許を持つ守護神は、2年生34人に夢を持つことの大切さを語り掛けた。質問コーナーでは、野球部のキャプテンから「メジャーリーグ行かないですか?」とド直球質問。「いろいろな選手が挑戦しているのを見て、いつか行きたいと思っている。高い目標。横浜が優勝してからかな」と生徒の前で思いを語った。

 契約更改交渉の席で球団と話し合うかについては「タイミングはそこ。今年とかではなく、いつかはまだ分からない」と話すにとどめたが、思いを伝える場もそう遠くはなさそうだ。「夢シート」に「東京五輪の日本代表になって、世界一の守護神になる」と書き込んだ山崎。直近の夢、そしてその先の夢へ、挑戦を続ける。 (町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース