OP戦2・16開幕 五輪影響で早め球春 レギュラーシーズンは3・20開幕

[ 2019年12月11日 05:30 ]

 セ、パ両リーグは10日、来年のオープン戦の日程を発表した。東京五輪の影響で公式戦開幕が早まることに伴い、オープン戦も今年より7日間早い2月16日にスタート。

 00年以降では14年のロッテ―オリックス戦に並ぶ早い幕開けで、巨人―DeNA戦(那覇)が行われる。日本ハムはキャンプ地・名護でのオープン戦が3年ぶりに復活。楽天は3月3日から静岡に滞在し、同地で6連戦を含む8試合を行う。試合数は今季より16試合少ない85試合で、球団別では巨人、DeNA、楽天の16試合が最多。レギュラーシーズンは3月20日に開幕する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月11日のニュース