日本ハムSAに田中賢介氏 全11球団視察へ「いいもの取り入れて助言できれば」

[ 2019年12月11日 05:30 ]

スペシャルアドバイザー就任会見後、川村球団社長(右)と握手を交わす田中氏
Photo By スポニチ

 日本ハムは10日、今季限りで現役引退した田中賢介氏(38)が来年1月1日付でスペシャルアドバイザー(SA)に就任すると発表した。契約は1年ごとに更新する。札幌市内の球団事務所で行われた会見に出席した田中SAは、春季キャンプ中は他の全11球団を視察する計画を明かし「日本のプロ野球はファイターズしか知らないので、他のチームがどういうキャンプをしているか、開幕までどう臨んでいるか知らない。いいものを取り入れて助言できれば」と意欲的に話した。

 同職は新たに設けられた役職で、アマチュア選手やプロ野球の他球団の視察などの編成面の仕事に加え、野球の普及活動などの事業面、23年完成予定の新球場建設に関して、選手目線での助言も行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース