ソフトB甲斐野、新人トップ5000万円でサイン 3500万円増に「さすがソフトバンク」

[ 2019年12月11日 05:30 ]

3倍増の5000万円で更改し、笑顔で印鑑を押す甲斐野
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの甲斐野がヤフオクドームで契約交渉に臨み、3500万円増の年俸5000万円で更改した。新人王に輝き、3600万円増だった2年目の高橋礼と同額。阪神・近本の4500万円を抜いて新人トップとなり「数字を見てびっくりした。思ったより上。さすがソフトバンクですね」と笑った。

 1年目で勝ちパターンの継投を担い、65試合の登板で2勝5敗で26ホールド8セーブ、防御率4・14。ポストシーズンでも8試合に投げて日本一に導き 11月のプレミア12は5試合に投げて点を許さず、侍ジャパンの初優勝に貢献した。故障離脱なくフル回転し「1年間いい経験をさせてもらった。防御率はどうしても気になる。3点台前半はいきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月11日のニュース