侍J・大野雄 被弾反省「甘くいったツーシームが浮いてしまった」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第2戦   日本3―4米国 ( 2019年11月12日    東京D )

7回1死、日本・大野雄が米国・アデルにソロアーチを浴びる(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                       
Photo By スポニチ

 1―3の6回から4番手で登板した大野雄は2回1失点。2イニング目となった7回1死からアデルにツーシームを右翼席中段に運ばれた。

 直前まで3連続奪三振と快調なペースだったが、「本塁打という形で点差が広がると、追いかける方はしんどくなる。甘くいったツーシームが浮いてしまった」と反省の言葉を並べた。。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース