米国、大谷同僚・アデルがとどめ弾 日本に粘勝「全員が団結して、いい仕事ができた」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第2戦   米国4-3日本 ( 2019年11月12日    東京D )

7回1死、米国・アデルが日本・大野から右翼へソロアーチを放つ(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                       
Photo By スポニチ

 メジャー予備軍が並ぶ米国が、侍ジャパンに初黒星をつけた。スコット・ブローシャス監督は、スーパーラウンド初勝利に「非常にうれしい。チーム全員の努力の結果。最初から最後までチーム一丸で戦えた」と喜んだ。

 1点差に迫られた7回。アデルが右翼席中段へ今大会2号となるソロアーチを架けた。「全員が団結して、いい仕事ができた。みんな、つなげたいという気持ちがあった」。エンゼルス傘下3Aでプレーし、全米若手有望株ランキングで5位に入る逸材。大谷との中軸形成も期待される20歳がとどめを刺した。

 1点リードの9回はオリックスのディクソンが2三振含む3者凡退で締めた。「投手陣もいいパフォーマンスを出してくれた」と指揮官。悲願の五輪切符へ、土俵際で踏みとどまる1勝を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース