阪神 牧、来季から育成選手契約へ 年俸は30万円減の450万円

[ 2019年11月13日 12:03 ]

契約更改を終え、囲み取材に応じる阪神・牧(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の牧丈一郎投手(20)が13日、秋季キャンプ地の高知県安芸郡のチーム宿舎で契約交渉を行い、来季から育成選手契約になることを明かした。推定年俸は30万円減の450万円。17年ドラフト6位で福井・啓新から入団。150キロ前後の直球が魅力の右腕だが、ここまで2年間は1軍昇格を果たせなかった。

 秋季キャンプでは山本昌臨時コーチからも連日、指導を受けており「悔しい気持ちがあるんで。1日でも早く(支配下に)上がれるように」と再出発を誓った若虎。夢の1軍登板への挑戦は続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース