侍J・外崎 三塁で初先発出場 堅守&3度出塁「内容的には良かった」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第2戦   日本3―4米国 ( 2019年11月12日    東京D )

7回1死一塁、丸の右越え二塁打で一走・外崎は三塁でストップ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの外崎が「9番・三塁」で今大会初めて先発出場した。3回の守備では無死二塁でセーフティー気味のバントを軽快にさばき、一塁でアウトに。本職とは違うポジションをそつなくこなし、打っては2四球1安打で3度出塁。「久しぶりなので緊張感もあった。内容的には良かった」。

 ここまで出番は少なかったが「先発じゃなくても使われる場面は来るという心構えだった」と献身的にチームに貢献している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース