オリックス 比嘉 首里城再建に同郷選手に呼びかけ

[ 2019年11月13日 05:30 ]

 オリックスの比嘉が12日、火災した首里城再建の手助けをできるよう、沖縄出身のプロ野球選手に呼びかけていることを明かした。

 「ショックでした。連絡を取り合い(寄付とか)何かしようという話はしています」。NPBに在籍している沖縄出身のプロ野球選手は現在20人。その中での最年長は行動せずにはいられなかった。
 比嘉はコザ高から国際武道大、日立製作所を経て09年ドラフト2位入団。首里城には「小学生か中学生の時に一度家族と行った」思い出しかないが、故郷を象徴する存在の事故に心を痛めていた。「何か力になれれば」。沖縄県人の心を一つにするために球界からの尽力を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース