侍J・浅村 29歳バースデーに全3打点!初黒星も切り替え「まだ終わったわけではない」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第2戦   日本3―4米国 ( 2019年11月12日    東京D )

8回、1死三塁から左前タイムリーを放つ浅村(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 バットを巻きつけるように、内角球に体をターンさせた。浅村が2点を追う8回1死三塁、ジョーンズから左前打。3打席連続で1点差に迫るタイムリーを放ち、まさに孤軍奮闘だった。

 「前後にいい打者がそろっているし、得点圏で回ってくる機会もよくある。自分らしい打撃ができたんじゃないかと思います」

 2回、先頭の1打席目。東京ドームに「ハッピーバースデー」のメロディーが奏でられた。29歳の誕生日。試合前の円陣では声出し役を任せられ「全員で頑張りましょう!」とまずは声でチームを鼓舞した。

 0―2の4回2死三塁では左腕リチャードから右前適時打。1―3の6回2死一塁では、右腕ファイアーライゼンの150キロの直球をおっつけるようにはじき返した。右中間フェンス直撃の適時二塁打。侍ベンチに右手人さし指を掲げ、バットでもチームを鼓舞した。

 不慣れな一塁守備では、4回に打球が右すねとふくらはぎの間に強烈な打球が直撃も、素早くボールへ走って一ゴロに。体を張り、痛みをこらえ、3打席連続適時打で侍の全得点を叩きだした。

 4打席全て異なる投手との対戦。「1球で仕留めるのが大事。そこは今日はよくできた」と振り返った。打線が2併殺などあと1本が出なかった中、稲葉監督は「こういう打撃がこれからヒントになってくる。非常に素晴らしい打撃だったと思う」と動く速球対策の手本の一つと称えた。

 今大会は通算14打数6安打で、打率・429。「本当に悔しい結果になりましたけど、まだ終わったわけではないし、また切り替えてやりたいと思います」。浅村の粘り強い打席の姿が、侍の戦いの指標になる。(春川 英樹)

 ○…日本は浅村の3打点だけで米国に3―4と敗れた。チームは7安打を記録し、うち浅村が3安打で今大会の打率は.429、鈴木も2安打で.471と2人は奮闘も、チームトータルでは通算打率.236とやや低調。スーパーラウンド進出の6チームでは、オーストラリアの.142、台湾の.212に次ぐ低さだ。また、日本の打率をラウンド別に分けると、1次Rの.253からスーパーRでは.210にダウンと打線が苦戦している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース