阪神・浜地 350万円アップの年俸850万円でサイン 来季は先発希望も「与えられたところで結果を」

[ 2019年11月13日 15:09 ]

阪神の浜地
Photo By スポニチ

 阪神の浜地真澄投手(21)が13日、秋季キャンプ地の高知県安芸郡のチーム宿舎で来季の契約更改交渉を行い、350万円アップの年俸850万円(金額は推定)でサインした。

 プロ3年目の今季は開幕ローテーション入りして1軍デビューを果たすなど21試合に登板。中継ぎでプロ初勝利を含む2勝を挙げるなど、飛躍への土台となる1年も「良い経験できたけど、悔しい思いが強い。やり返せるように、結果を出せるようにしたい」と防御率6・11からの巻き返しを宣言。

 来季は先発への希望を口にしながら「先発にこだわりは強いけど、監督、コーチが決めることなので、与えられたところで結果を出したい」とポジションにこだわらずフル回転する決意を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース