侍・坂本勇 「2番・遊撃」で先発、復調のタイムリー 

[ 2019年11月13日 20:49 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本―メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

<プレミア12 日本・メキシコ>2回1死一、二塁、左前適時打を放つ坂本勇(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 坂本勇が復調を示す快打だ。

 首の違和感を訴えた菊池涼に代わって「2番・遊撃」でスタメン出場。初回1死で左前打を放つと、すかさず二盗に成功。4番・鈴木の中前打で先制のホームを踏んだ。

 黒星を喫した前日の米国戦では4打数ノーヒットで3三振。悔しさを晴らすには1本では足りない。2回1死一、二塁では左前タイムリーを放った。

 これが今大会初打点。「(1番の山田)哲人がつないでくれたので、コンパクトに打つことができた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース