侍J・誠也 長打×2 3度生還に手応え「自分のやりたいことはできている」

[ 2019年11月13日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第2戦   日本3―4米国 ( 2019年11月12日    東京D )

8回無死、鈴木は中越え二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 打撃好調の4番・鈴木は2本の長打を放って3得点。チームの全得点となる3度のホームを踏んだが、試合後は「負けてしまったので、次にしっかりやればいい。自分のやりたいことはできている」と前を向いた。

 自身の打席では極端なシフトも敷かれたが「自分のスイングをすること。そこ(シフトを敷いているところ)に飛んだら仕方ない。(シフトを)意識すると崩れる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース