中日 梅津は300万円アップ 祖父江はダウン提示で保留

[ 2019年11月13日 05:30 ]

デビューから3連勝を飾った梅津は300万円増で更改
Photo By スポニチ

 中日8選手の契約更改が行われ、今季プロ初勝利を含む4勝を挙げた梅津は300万円増の年俸1500万円でサイン。来季は「期待を自覚して2桁勝ちたい」と意気込んだ。

 1月に右肩を痛めて出遅れるなど、夏場以降の6試合にとどまったこともあり「ドラゴンズのために仕事をしたと胸を張って言えない。終わったときによくやったと言えるように」と1年間、1軍で投げ続ける覚悟を示した。

 また、今季44試合登板の祖父江は年俸2900万円からダウン提示を受け、保留。加藤宏幸球団代表は「考え方に差があった」と継続的な登板数の評価について折り合いがつかなかったことを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月13日のニュース