ロッテ ドラフト1位指名を15日公表 大船渡・佐々木が有力

[ 2019年10月15日 05:30 ]

大船渡・佐々木朗希
Photo By 共同

 ロッテは15日のスカウト会議後にドラフト1位指名選手を公表する。出席する井口監督が「昨年も(公表)したし、今年もするんじゃないかな」と明かした。既に大船渡・佐々木と星稜・奥川に絞り込み、スカウト会議で最終決定するが、高校歴代最速の163キロを誇り、将来性の高い佐々木が有力だ。

 指揮官は就任1年目で初のドラフトだった昨年は大阪桐蔭・藤原の1位指名を公表し、3球団の競合で指揮官自ら交渉権を引き当てた。この日はZOZOマリンで秋季練習を指導し「若手の底上げが大事」と話した。今季は8勝を挙げた3年目の種市や5勝の5年目・岩下ら若手が台頭。今ドラフトでは将来の投手王国の柱になる超高校級右腕を指名する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月15日のニュース