ソフトB・工藤監督 王さんのために――ONシリーズ以来19年ぶり巨人との対戦心待ち

[ 2019年10月15日 05:30 ]

日本シリーズ2019第1戦   ソフトバンクー巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクD )

CSステージを終え、帰福した工藤監督はファンの出迎えの中、引き揚げる(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 福岡空港に降り立ったソフトバンク・工藤監督はファンの出迎えに驚きの表情を見せた。航空会社の関係者から花束を受け取ると、笑みを浮かべた。

 CSファイナルSで優勝した西武に4連勝し、3年連続の日本シリーズ進出。2位からの下克上突破は2年連続だ。一夜明け、気持ちは19日から始まる巨人との決戦に向かっていた。「王会長が巨人のOB会などで“両チームで日本シリーズを”と言っていたのは知っていたし、そういう思いは感じていた」とON対決となった00年以来の両球団の激突を心待ちにした。敗れた王会長の無念を晴らすこともモチベーションになっている様子だ。

 19年前、自身はダイエー(当時)から巨人に移籍した初年度。日本シリーズ第1戦に先発し、7回3失点の好投を見せた。当時を振り返り「シーズン中にふくらはぎを肉離れしていたんだけど、長嶋監督から、“工藤、1戦目な”と言われて…」と懐かしんだ。

 15年の監督就任以来3度のシリーズではいずれも日本一に導いている。改めて短期決戦のポイントについて「シリーズ男、逆シリーズ男というのがあるけど、やっぱり入りが大事になる。これまでのデータと最初の打席でどう狙ってくるのかを見極めて」と言った。昨年は広島のキーマン・丸に対し、第1戦で無安打に封じ、相手の流れを絶った。丸は6試合で25打数4安打、打率・160。今年は巨人の3番打者としての再戦となるが、同様に封じる構えだ。

 巨人には坂本勇、岡本もいる。日本一3連覇へ、工藤監督は「これから(データや映像を)見て考えていきたい」と決戦を見据えた。(川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月15日のニュース