両投げの立大・赤塚 堂々神宮デビュー 右投げで1回零封 卒業後は指導者目指し米国へ

[ 2019年10月15日 05:30 ]

東京六大学秋季リーグ戦第5週1回戦   立大6-1東大 ( 2019年10月14日    神宮 )

立大2番手の赤塚(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われ、慶大が法大に競り勝ち、開幕5連勝とした。6番の小原和樹内野手(4年)が同点の8回に決勝の適時二塁打を放ち、法大の開幕からの連勝を6で止めた。立大は東大を6―1で下した。両投げ登録の赤塚瑞樹投手(4年)がリーグ戦初登板を果たし、右投げのみながら1回無失点に抑えた。

 17年秋の新人戦で両投げを披露した立大の赤塚が上々の神宮デビューだ。8回の1イニングを無安打無失点。最速144キロを誇る右投げに対し、左では135キロ。「右投手として戦力」のチーム方針に従い、この日は左打者2人にも右で投げたが「葛藤は凄くありました。でもチームスポーツなので自分の思いは関係ない」と振り返った。それでもブルペンでは器用に左右から投じてマウンドへ。卒業後は指導者を志し米国留学を希望している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月15日のニュース