オリ吉田正 9月月間MVP受賞「想像していなくて、ビックリ」

[ 2019年10月15日 13:14 ]

オリックス・吉田正
Photo By スポニチ

 9月の月間MVPが発表され、パ・リーグ打者部門では、オリックスの吉田正尚外野手が受賞した。

 7月に続き、今季2度目の受賞。9月は24試合に出場し、打率・307、7本塁打、14打点をマークし、安打数、本塁打数でトップに立ったが「想像していなくて、ビックリした。投手も疲れてきて、自分のスイングできたのも粘れた要因かもしれない」と控え目に喜んだ。

 今季は「タイトル争い」を目標に掲げてスタートし、最後までし烈な争いを演じた。最多安打、打率、出塁率ともに2位にランクイン。キャリアハイを更新する1年になったものの「結果、1つも獲れなかったので来年の課題」と達成感はなく、「前半戦がそこまで良くなかったのが、1位を獲れなかった原因。1年間、安定した成績を残せるように。毎年、キャリアハイを目指せるようにしたい」と向上心を見せた。

 今後は侍ジャパンとして、プレミア12に出場。「代表としてベストパフォーマンスをして、勝ちにこだわっていきたい」と抱負を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月15日のニュース