DeNA 阪口、大貫、平田、笠井の4人をオーストラリアに派遣

[ 2019年10月15日 11:15 ]

 DeNAは15日、阪口皓亮投手、大貫晋一投手、平田真吾投手、笠井崇正投手を今オフ、オーストラリアン・ベースボールリーグに派遣すると発表した。

 戦略的パートナーシップを締結しているキャンベラ・キャバルリーの一員として、11月から開幕するABLに参加。2019年―2020年シーズンを戦う。

 各選手のコメントは以下の通り。

 ▼阪口 今シーズン通して制球に苦しむという課題が見つかり、改善するきっかけをつかむ場になればと考えていたこと、またシーズンオフも打者との対戦を望んでいたので参加することを決めました。昨年「第2回 WBSC U―23ワールドカップ」に参加した際、訪れたコロンビアで多文化に触れ人生の糧となる良い経験ができたので、また違った文化に触れることができればと思います。

 ▼大貫 慣れない環境で生活することで人間的にも大きく成長できるチャンスだと思い、今回のウインターリーグ参加を希望しました。今シーズンは先発として試合をつくれなかったことが多く、スタミナ不足と左打者への投球が課題だと感じました。オーストラリアでは投げる体力をつけること、ウイニングショットの精度を高めることを目標に練習や実戦で取り組みたいと思います。

 ▼平田 オフ期間中も実戦で打者との対戦を希望していたので、参加できることをうれしく思います。外国人打者は積極的に振ってくるイメージがあるので、駆け引きや打ち取り方を習得できる貴重な機会にしたいです。また、海外の地で異文化に触れ、人間的にも成長できる場にしたいと思います。

 ▼笠井 慣れない環境に身を置くことで大変なこともあると思いますが、新鮮な気持ちで野球に向き合えると思い、今回ウインターリーグへの参加を希望しました。今シーズン課題として感じた、制球力と体力面のレベルアップを目指して日々取り組みたいと思います。オーストラリアでは可能な限り投げる機会を増やして打者と対戦し、実践から得られるリリーフとしての引き出しを増やしたいと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月15日のニュース