ソフトB、日本S進出の祝勝会を自粛 台風被害受け工藤監督「一日も早い復旧、復興を」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

パ・CSファイナルステージ第4戦   ソフトバンク9―3西武 ( 2019年10月13日    メットライフD )

日本シリーズ進出を決め会見で喜びを語る工藤監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 3年連続となる日本シリーズ進出を決めたソフトバンクは日本各地で台風19号による被害が大きかったことを受けて祝勝会を自粛した。

 工藤監督は「台風の被害が大きかった中、野球ができる幸せを感じている。一日も早い復旧、復興がなされることを願っている」と被災地に思いをはせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース