オリ吉田正、侍でも貫くフルスイング「どこが相手でも自分のスイングを」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

オリックス・吉田正
Photo By スポニチ

 11月の国際大会「プレミア12」に出場するオリックス・吉田正が、侍ジャパンでも代名詞のフルスイングを貫く構えを示した。「どこが相手でも自分のスイングを心掛ける方がいい」。

 秋季練習では、素手でランチ特打を敢行。手先の感覚を確認するためのルーティンで調整した。「勝つことが最優先。しっかり準備してアピールしたい」。20年の東京五輪につながる活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース