西武 また日本S進出ならず…見せ場なく4連敗 辻監督、2年連続ソフトBに阻まれ「強かったな」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

パ・CSファイナルステージ第4戦   西武3-9ソフトバンク ( 2019年10月13日    メットライフD )

観客へのあいさつを終え、引き揚げる秋山(手前左)らナイン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 西武は屈辱的な4連敗で幕を閉じた。リーグ2連覇を達成も、2年連続でソフトバンクに日本シリーズ進出を阻まれ辻監督は「非常に残念。(ソフトバンクは)強かったな」と力なく話した。

 4戦連続の2桁被安打で計32失点。弱点だった投手陣が短期決戦でも崩れ「つながりのある打線にやられました」と指揮官。捕手史上4人目の首位打者となった森は内角攻めに苦しむなど、打率・143。守備面での責任も感じ「悔しいですよ。強かった。短期決戦の戦い方だなって感じた」とうつむいた。

 辻監督は「リーグ優勝を選手は誇りをもっていい」と評価した上で「層の薄さを痛感させられた。もっと個々が違った意味の引き出しを増やしていかないと強いチームにはならない」とさらなる成長を促した。(武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース