【杉本正 視点】多彩な起用を可能にしたソフトBの選手層の厚さ

[ 2019年10月14日 08:16 ]

パ・CSファイナルステージ第4戦   ソフトバンク9―3西武 ( 2019年10月13日    メットライフD )

今宮(左)と笑顔で握手する工藤監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 短期決戦の妙を知り尽くしているソフトバンク・工藤監督の采配がさえ渡ったファイナルSだった。4連勝への流れをつくった第1戦。楽天とのファーストSで第2戦から2試合先発から外した松田宣を5番で起用し、2安打4打点と活躍を見せた。第2戦でも3試合ぶりにスタメンに抜てきして、5番に据えた中村晃が2安打3打点。王手から一気に決着をつけたこの試合でも、2点差の7回に長谷川勇の代打策が見事に的中した。

 多彩な起用を可能にするのが選手層の厚さだ。松田宣の起用がはまった第1戦では、CSに強い内川に代えて長谷川勇を送る代打策も的中した。西武で例えれば、山川に代打を送るようなもの。継投も含め、登録メンバー25人の力を結集させた勝利とも言える。

 さあ、巨人との日本シリーズ。工藤監督の巧みな用兵でファーストSまで低調だった打線がファイナルS4試合で55安打32得点と息を吹き返し、3年連続日本一へ最高の弾みをつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース