西武・山川弾も及ばず…ソフトBの強さに脱帽「分かっていたけど、はねのけることができなかった」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

パ・CSファイナルステージ第4戦   西武3-9ソフトバンク ( 2019年10月13日    メットライフD )

6回無死、中越えソロ本塁打を放つ山川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の強力打線も力尽きた。3点を追う4回、山川の左線適時打で1点を返し、5回はメヒアの左越えソロで1点差。再び3点差となった6回は山川が中越えソロを放ったが、反撃もそこまで。4試合でリードを奪ったのは4イニングのみに終わった。

 山川は「ファンの方に申し訳ない。(ソフトバンクは)守っていても強さを感じた。分かっていたけど、はねのけることができなかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース