西武 辻監督の来季続投を正式発表 選手層の薄さが課題「若い選手を育てないと」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

パ・CSファイナルステージ第4戦   西武3-9ソフトバンク ( 2019年10月13日    メットライフD )

あいさつを終えて引き揚げる辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は13日、辻発彦監督(60)の来季続投を正式発表した。13日のCSファイナルS第4戦終了後、居郷肇球団社長が続投要請。辻監督が受諾した。来季が2年契約の2年目で通算4年目のシーズンとなる。

 2年連続でCSファイナルS敗退も、主力が抜け戦力ダウンしながら連覇を達成した手腕が評価された。辻監督は「3連覇ができるように」と目標を掲げ「投手陣もそうだが、(野手の)選手の層(が薄い)。若い選手を育てないと」と強化ポイントを挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース