台風19号の爪あと…埼玉・戸田球場が冠水 ヤクルトの2軍本拠地 復旧まで最低1カ月 

[ 2019年10月14日 05:30 ]

台風19号の豪雨で冠水したヤクルトの2軍本拠地、戸田球場
Photo By スポニチ

 ヤクルトの2軍本拠地である埼玉県の戸田球場が台風19号の豪雨で浸水被害に遭った。荒川河川敷に位置し、球団関係者によれば、グラウンドレベルから約4メートルの高さまで水位が上がった。堤防から見えるのはバックスクリーンやバックネットの一部のみ。予定されていた秋季練習は室内練習場で行った。

 被害状況を視察に訪れた衣笠剛球団社長は「20年前にも(浸水が)あったと聞いていたが、現実のものになるとは」と絶句した。水が完全に引くまでは1週間程度、グラウンドが再び使用できるまでには最低1カ月を要する見込み。高津新監督は「早く復旧して、(練習が)できるようになれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月14日のニュース