阪神・近本「E」判定“裏切る”2安打「粘ることもできた」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―3DeNA ( 2019年4月23日    横浜 )

7回、2死満塁、中前に2点適時打を放つ近本(投手・砂田)(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 「低評価」を覆す意地の2安打だった。阪神・近本が2試合連続となる複数安打で自己最多の3打点。この日、2019年シーズンへ無料アップデートされて初登場した人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球2018」で、パワー、ミートともに上から6番目となる「E」に設定されていた打撃部門の評価を、いい意味で“裏切った”。

 矢野監督が「2アウトになってからというのは大きかったと思う」と高評価したのが、2点リードの2回2死三塁での適時二塁打。この日、初対戦となった同じ新人の上茶谷から8球目の外角カットボールを素直にはじき返した。

 「追い込まれてから粘ることもできた。粘って後ろの打者につなげるようにしたい」

 6―0の7回にも勝負強さを発揮。2死満塁から左腕・砂田ので甘いスライダーを中前へ、勝利を決定付ける2点打とした。

 5回には9日以来、今季3個目の盗塁となる二盗も記録。打率も・293まで上昇させた近本が、不動の1番打者への階段を確実に上がっていく。(山本 浩之)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月24日のニュース