愛知、埼玉に逆転勝ち 4番・三浦がV打「強い気持ちで打席に入れた」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

日本女子プロ野球   愛知ディオーネ5―3埼玉アストライア ( 2019年4月23日    わかさスタジアム京都 )

勝利打点を挙げた三浦
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ春季リーグは、愛知が5―3で埼玉に逆転勝利した。

 愛知の先発、里は2回に無死二、三塁のピンチを招き、泉由希に3ランを被弾。だが諦めない。5回に1点を返すと、7回には下位打線が奮起し、1死二、三塁のチャンスをつくると1番西山の適時二塁打で同点。さらに4番、5番の主軸も仕事を果たし、逆転した。

 決勝打を放った4番の三浦は「チャンスの場面で強い気持ちで打席に入れたのが良かった」と胸を張った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月24日のニュース