楽天・辛島、足つり緊急降板も7回途中1失点「ストライク先行で投げられた」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―1日本ハム ( 2019年4月23日    札幌D )

7回無死一塁、打者・王の時に降板した辛島(左)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 好投していた楽天の先発・辛島が緊急降板するアクシデントに見舞われた。7回無死一塁で王柏融(ワンボーロン)への2球目を投げた直後、左ふくらはぎがつってベンチに退いた。一度はマウンドに戻って投球練習を行ったが、大事を取って降板となった。

 6回0/3を4安打1失点で勝ち負けはつかず「つった感じです。大丈夫です。ストライク先行で投げられていたのは良かった」と振り返った。石井一久GMも「次回の登板は問題ない」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月24日のニュース