誠也不在も何の!広島、野村好投&3アーチで破竹の6連勝 わずか8日で最大借金8→2に

[ 2019年4月24日 20:58 ]

セ・リーグ   広島5―0中日 ( 2019年4月24日    マツダ )

<広・中>3回無死、長野は右越えにソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島が野村の7回無失点好投と序盤の一発攻勢で中日に5―0で完勝し、7連勝した昨年8、9月以来となる6連勝をマーク。今季10勝に到達し、16日に最大8まで膨らんだ借金をわずか8日で2まで減らした。2連敗を喫した中日は最大3つまで増やした貯金が1となった。

 広島は2回、会沢の左越え2号ソロで先制すると、先発投手・野村のスクイズも決まって2―0とし、3回には先頭の菊池涼が左越え3号ソロ、長野が右越え2号ソロと2者連続本塁打が出て序盤で4点をリード。こう着状態だった7回には田中広の二塁打と菊池涼のバント安打で築いた無死一、三塁から長野の併殺打の間に貴重な追加点を挙げた。

 投げては先発の野村が7安打を打たれながらも要所を抑えて7回無失点で今季2勝目(0敗)をマーク。フランスア、一岡と完封リレーでつないだ。

 中日は先発投手の山井が3回までに3本塁打を浴び、4回4失点で降板。2点を追う3回の無死一塁は大野、4点を追う7回には1死一塁で大野の代打に出た松井雅がともに併殺打に倒れ、2番手・フランスアから京田、大島が連続四球を選んだ8回の2死一、二塁は主砲・ビシエドが3球三振に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月24日のニュース